FC2ブログ

ハロウィンと卵胞

今朝、寝坊して起きたら、娘のハロウィンクッキーが焼き上がっていました。






遅い朝食の後、隣町のメガネ屋さんまで上の娘と息子のメガネを引き取りに。
途中、知床方面へ向かう道から、早くも冠雪した羅臼岳が綺麗に見えました。


2人ともかなり視力が悪くなり、かみさんが落ち込んでいたのですが、最近少しずつ回復してきたようです。
今通っているメガネ屋さんは、視力矯正をあまりせず、自力で焦点を合わせる能力を復活させる考え方で、うちの子供には合っているようです。
ちょっと、老眼鏡のことを聞いてみようかと思いましたが、午後から仕事だったのでやめておきました。


夕方、馬にエコーを当てたところ、右の卵胞が4cm弱まで育っていました。
秋口から直検の練習を始めた3年生の学生も、初めて自分で卵胞を映すことに成功!


明日の朝早く、排卵していなければ、hCGを投与する事にしました。

ぜんぜん笑えませんよ

平日は実習や会議がめじろ押しなので、今週も日曜にチビたちを助手にして馬の直検に行ってきました。






網走は桜の紅葉が綺麗でしたが、それもそろそろ終わり。
今年は、2台ある車が両方ともスタッドレスの更新。そんな季節です。






先週から4日間、馬と牛の実習が続きヘトヘト。
実習がひと段落と思ったら、明日からは学生実験がめじろ押し。
TAの院生が助けてくれるので、ほんと助かります。
来年は新しく入る院生が途切れそうな気配で、先行きが危ぶまれます。


明日は、なんとか時間をやりくりして馬にエコーをあてに行きたいです。
今年最後のあがきで、PGを打とうと思っています。


さて、こちらはあと2年で天命を知るはずですが、どうなっちゃうんでしょう…
そういう貫禄とか自信とか全くなく、学生には偉そうにしてますけど、内心は学生の明るさ、素直さ、賢さに感心する日々(何時もではないけど)。
引いたパスツールの先や沈殿したRNAのペレットが見えないのは、天命でしょうか。

蕎麦とパン

片道3時間半のドライブで研究の打ち合わせに行ってきました。
コロナのせいで、新得とは半年ぶりの打ち合わせです。
学生の話を聞きながらの出張もいいのですが、一人ドライブは色々なことを考えることができてとても良い時間です。
改めて考えると、大学でも家でも一人きりの空間で7時間も過ごせる事なんてまずありません。


昼はF君を誘おうかと思いましたが、忙しいだろうし一人みなとやへ。
蕎麦を待つ間に、学生からの相談お願いLINEが次々届きます。
おかげで、写真を撮るのを忘れて、食べかけのだらしない蕎麦になってしまいました。




蕎麦は相変わらず美味しいです。


新得は、古株の先輩方に加えて、若手のつながりが活発になっていて、パワーアップしているのを感じました。
一抹のさみしさと共に、至らなかった自分を反省。


帰りは、十勝出張のお約束、ますやへGO TO。






リクエストのきな粉パンは売り切れで買えず。
あるパン全部買えとの指令で、大量のパンを買いました。明日の朝食は十勝の味で。

オホーツクの夕暮れは早い



道産子繁殖プロジェクト、鋭意進行中なのですが、時すでに10月🍁
オホーツクは秋深し🌰
天気が悪ければ夕方4時には薄暗くなってきます。


季節繁殖の馬でも11月までは繁殖できると言われていますが、今年あと一回排卵を捉えられるかどうか、微妙になってきました。
定期的に卵胞を観察する時間もなかなか取れず。
日曜の昨日は、子供たちを助手にエコーを当ててきました。
あんまり卵胞育ってないですね。






家畜舎の中に姫リンゴの木があって、学生の頃はたくさん実をつけていました。
その木が数年前に枯れて残念だったのですが、少し離れた脇に別の姫リンゴの木が育っていました。
一昨年、伸び放題の枝をバツバツ剪定したためか、去年はダメでしたが、今年、数は少ないけど大きな実がつきました。
霜が降りるまで待つと、ぐっと甘くなるんですよね。
でも、少しでも赤くなると、続々と虫に食べられてしまうので、そう簡単に甘みを享受することはできません。






未だ、果物というより、野菜。

バタバタバタバタ

あっという間に土曜日も終わりました。


今日は、午前中は朝食を食べて洗濯物を片付けた後、PC業務。子供と神経衰弱をしてから、大学で4年生と培地交換。子宮内膜の培養をしています。


家に戻って、オンデマンド学習用の教材作り。音声を録音したパワポに、タイミングを入れていくのですが、スライド毎に睡魔に負けて意識が飛びます。
事前に録音した音声が終わったらENTERを押して、次の音声を再生するのですが、スライド1枚分の間に確実に意識が…
聞かされる学生も大変でしょうが、準備する方も、普段なら必要ないエネルギーをかなり消費してます。


話題は戻って、幼稚園児とか小学生と神経衰弱をすると、記憶能力の衰えに打ちのめされます。
子供は、全体的な視覚映像で記憶しているわけでもないような気がしています。
カードの位置として記憶してるのかな。
小学校の低学年あたりから、不思議な能力が徐々に失われる気がします。
我が家だけかもしれませんが。


結局、繁殖学会はポスター発表した修士の学生の様子を、別のzoom会議中にチラ見して終わりました。
Sさんの講演は、zoom講義中で全く聴けず。
ポスターの方は、ボチボチ質問があって、なんとか受け答えもできたようなのでホッとしました。




こちらは、全然別の実験で、卵胞の切り出し作業。
細かい作業は、学生の適性がはっきり出ますね。