スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藪医者の末路

anov071201R.jpg

anov071201L.jpg

ほぼ初めて自分でエコーを使ってみました。少々時間はかかりましたが、一応卵巣が写ってよかった(汗)
上の写真が右、下が左の卵巣です。

黄体が無く発情を続けていた牛ですが、3日前にCIDRを抜いてから発情がありません。右の卵胞が排卵しないですねー(LH-RHを使っても)。数日前まで左にも大きめの卵胞があったのが今日はみえないので退行したのでしょうか。どうすれば排卵するのかなぁ、、、(このままでは藪医者に引退勧告が…)

コメント

はじめまして。CIDR抜去前にPGを投与されていますか?私は挿入剤の使用は控えていますが、海外の文献やメーカーさんの話ではCIDR単独では発情誘発が不十分だそうです。

2007/12/09 (Sun) 20:58 | 南の獣医師 #- | URL | 編集

>南の獣医師さん

ありがとうございます。
PG投与を予定していましたが、CIDR除去の前日のエコーで黄体を確認できなかったため、結局はCIDR除去とその翌日のコンセラール投与という作戦にしました。
結局のところ、発情は見せずに排卵をしたようで、今は黄体がある状態です。次によい周期で発情がくるのを楽しみにしています。(そううまくはいかないかもしれませんが…)
色んな牛がいるので、難しいですねぇ。

2007/12/10 (Mon) 17:40 | 家畜繁殖夜話 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。