スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融解試験、研修生

改良センターで凍結してもらった胚の融解試験結果が早速送られてきました。
大変わかりやすく、かつ詳細に写真とコメントを整理して頂き、凍結不調の原因究明の重要な手がかりとなりそうです。以前、クローンの採材をお願いしたときも、大変細かいサンプルシートを頂いたことがありましたが、改めてHさんの性格と能力を実感しました。

Animal Science Journalに投稿した論文の著者校正が先ほど来ました。26日までに返信しなければなりません。論文が受理されたのが去年の10月で、掲載までにほぼ1年かかりそうです。ずいぶん待たせておいて、返事を求める期限は大変短いです。

そういえば、Wiley InterScienceは吸収されてWiley-Blackwellになるのでしょうか?
Animal Science Journalも近々オンラインでの事前公開が始まるようなので、私の論文も少しは早く日の目を見るかなと期待しています。

そうそう、今日から東京農大のM君が研修に来ています。1ヶ月弱で体外受精と性判別をおぼえて帰って、大学では来年の2月までに卒論のデータを出せるかどうか。本人の能力次第ですが、人生色々やりたい派みたいなので(まだ今日何時間か接しただけですが)、時間が足りないかもしれません。私は保守的な方だったので、彼のような何でも積極的に挑戦できる性格は尊敬します。
今日は、緊張していたようなので、今後の変貌を楽しみにしています。

私も研修に出たときは、知らないところで緊張したり困ったりしたので、なるべく楽しく学べるようにしてあげたいと思います。ただ、たとえ放っておかれても、自分にやりたいことがあれば苦にならないのではという気持ちもありますが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。