スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックと個性

昨晩、オリンピックの開会式を見て素直に驚きました。

花火と映画監督が演出したというショーは、これが東京オリンピックなら何ができるのだろう考えさせられました。金にいとめを付けずにこういうショーを繰り広げるのがいいのか、という気もします。だって、中国の内陸では日本どころじゃない貧富の差に苦しんでる人たちもいるんでしょ。

でも、中国の長い歴史がなければあのショーはできないなと感じたところでした。

それから、寝る前に入場行進をだらだらと見ましたが、改めて世界にはいろんな個性のある人種がいるんだなぁと感じました。ついでに、ほんと人間って、たとえ同じ日本人だとしても、個性ある生命体の集合で、思考や感じ方が一致するほうがおかしいんじゃないかと思ったりしました。個人の感受性というか、うまくいえないけど、他人を尊重しないと暮らしていけないなぁと思ったりしています。

土曜日にメールをチェックしたら、論文のProofが来ていました。3日以内に返事をよこせとか。月曜は午前中休むので、危なかった。

あ、それからK田君の研修が終了しました。何だか、冬にはまたAIの練習に来るのかな?
結局のところ、ひねくれていないいい子だったのかなと思っています。いつも思いますが、私よりはみんなましです。
特に、彼は農業後継者ですから、北海道の宝です。ほんと、がんばって北海道農業を支えてほしいです。

それから、先の研修生M君は無事海外青年協力隊合格。おめでとう。若い、新たな人生の始まりです。そのチャレンジ精神が良い方に転がっていくことを願ってやみません。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/12 (Tue) 23:21 | # | | 編集

仕事の内容は上記のとおりですが、AIもままならないのでIVFとかありえないところです。とりあえず、こちら開くのに5分はかかるのでごめんなさい(笑

2008/08/13 (Wed) 22:51 | A@鳥取只今インドネシア #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。