スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆ですねぇ、地獄の釜の蓋も開きますよ

bakkan.jpg

お盆を前に、もう小麦畑には小麦殻さえありません。
もっと良い写真を撮ろうと思っていたのですが、季節はあっという間にすぎていきます。

7月も下旬になって小麦がコンバインでどんどん刈り取られていくのをみると、毎年迫り来る秋をヒリヒリと感じます。そういうと、まだ夏はこれからでしょ、といわれますが、見事に色づいた小麦が刈られていくのをみると追い立てられるような焦燥感に尻を焼かれるのです。

小麦刈りを見てちょっとセンチメンタルになるもう一つの理由は、だいたい時を同じくして春~初夏のつりシーズンが終わるからです。お盆といえば、海では秋味つりの季節ですが、川や湖では9月下旬までは一休みです。それでも学生の頃は、刈り取りの進む小麦畑を横目に、大汗をかきながら川に通って、夕立にずぶ濡れになったりしたよなぁ、と毎年同じ回想をしています。結局は過ぎ去り青春の日々…

実家の小麦殻は近所の酪農家にもらわれていきます。皆さんもご存知、ハッピネスデーリーの牛たちの寝藁になるわけです。代わりに堆肥をもらうわけですが、「あっちはウハウハだわ」とは父の弁。

子供の頃は、夏休みは隣の様舞地区まで小麦殻を取りに行ったものでした。畑の中でトラックを運転して、父親がトラクターでロールを積んでいく。ロープをかけて、締め上げて、虻がブンブンいってたなぁ。
あのころはうちが酪農家で、小麦殻をウハウハで貰っていたのに立場逆転だぁ。

そういえば、円形脱毛症になってしまいました (ノД`) Nooo!
だいぶ復活してきているみたいですが、自分じゃ見えない。
参るなぁ、36歳、アラウンド40、、、
春に体調崩した余波かなと思ってるんですがね。

もう一つ、昨晩、奥羽→鳥取と流浪しているはずのA君からブログに書き込みがありました。
何でもインドネシアに行ってるとか!なんだそりゃ!
ブログを始めたとかで、結構面白いので勝手にリンク、、、したらまずいかな?

コメント

ブログリンクさせていただきました。(勝手に)
期間限定なのでなくなってしまうかもですがどうぞ!

2008/08/13 (Wed) 22:59 | A@鳥取只今インドネシア #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。