スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意気消沈

再現性はありませんでした(泣
どうしよう…

今日、人生初の人間ドックでした。
X線撮影装置からうぃぃーんとアームが伸びてきて、お腹をぐいぐい押されたときは恐怖と怒りを感じました。何すんじゃい!ゲップするなといいつつ矛盾してないか?

台の上で3回まわれだの、イヌじゃあるまいし、あの若い技師の嫌がらせではなかろうかとマジ疑いました。だいたい、あの若い技師は自分で撮影される側になったことがあるんだろうか?
資格試験には、受験者でペアになって実技テストをするとか。まさかしないよね。

筋注されているときと、エコーをされているときは、あぁ牛ってこんな気持ちなのかなぁと思いました。チョッケンはされなかったけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。