スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育ちの良さとは

体外受精後7日目に凍結して、移植して、7日後に回収してみたら、、、

090121_1.jpg
これは透明帯からきちんと脱出してるし、細胞もプリプリ、そのまま子宮にいれば受胎間違いなしでしょう。

090121_2.jpg
こちらは生きてはいるけどまだ透明帯から脱出できてない。この日齢でこの状態では…

090121_3.jpg
でも、ちょっと培養してみたら結構発育してきた。

090121_4.jpg
こちらはホント生きてはいるけど、受胎は望めなそうに思います。

090121_6.jpg
こちらは透明帯から脱出済みだけど、黒くなって縮んでしまっている。そのまま子宮の中にいたら果たして着床できていたのだろうか。

同じ日齢の体外受精卵なのに、移植したときはほとんど同じサイズの受精卵だったのに、こんなに発育速度に差が出るなんてすごく不思議です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。