スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計処理、年末ダッシュ間に合うのか?

実は統計処理でここひと月ほど停滞していましたが、今日すべて解決しました。
S本さん気長におつきあいいただきありがとうございました。謝辞に載せちゃうかもしれません。

これで、ストップしていた論文書きを再開できます。
11月完成、12月は実験、の計画だったのが大幅遅延なので、やっぱり正月に論文を書くしかなさそうです。

で、統計処理ですが、実は私、少し統計処理がわかった気になっていました。
だって、大学の統計の授業は優だったし。

ところが、私はなーんにもわかってないということが、今回やっとわかりました。
解析方法がわからないデータがひとつあって、S本さんに相談に行ったところから事は始まり、ついに「R」なるソフトをインストールして、解説書を読みながらコマンドを書き書きするところまで至ってしまいました。

この「R」、数年前にインストールしたときにはさーっぱり訳がわからずにアンインストールした経緯があります。
今回も、実はさーっぱりわかっていないのですが、S本さんを利用してこういう時はこうすればエエンヤデパターンをつかむことに成功しました。

何でも分散分析&多重比較じゃ駄目なんだ…という次第です。

12月に入ったので、昨日から新たな実験も始めました。
これは来春の日畜用のデータなので、今月中に勝負をつけないと要旨が書けません。
間に合うのか、俺?みたいな感じです。
ただ、受精卵移植のデータも使うのですが、この夏の猛暑にも関わらずえらく受胎率が高いので、そもそもの試験が成り立ってないかもしれません。
その場合は、どうするか、、、わかりません。

こんなに受胎率高いかぁ、やっぱ移植師さんの腕でしょうな。ネ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。