臨月

cow.jpg

昨日から分娩直後の胎盤を取ろうと、分娩待ちをしています。
昨夜はお目当ての3頭とも何事もなくすぎましたが、今日のお昼に見に行くと産気づいた牛に頭突きを食らってしまいました。そんなわけで、フンフンと鼻息荒く暴れる牛を逃げながら激写しました。
結局この牛は14時頃に分娩し、無事に胎盤をいただいたのですが、胎盤を取ろうとお尻をのぞき込むといつもと違う光景が。お目当ての胎盤が見えています。あれっ、と思う間にみるみる子宮が飛び出して見事な子宮脱になってしまいました。おかげでサンプリングは楽でしたが、数日前に豆作先生のブログでみた衝撃の光景が目の前に(http://mamesaku.livedoor.biz/archives/50728792.html)。その後、尾椎麻酔をして子宮を押し込んだようですが、無事に修復したかどうか…

子牛はそんなに小さくありませんでしたが、分娩介助したのがいけなかったのか。原因は何なんでしょう。

あと残り2頭、今晩中に分娩するかどうか。次の見回りは23時です。
こういうことをしていると、ばしっと分娩時間の的中する誘起法の必要性を痛切に感じます。(H)

コメント

無事に生まれましたか?

トラックバックありがとうございます。子宮脱は突然やってきますね。予知方法があればいいのですが・・・
子宮脱なら胎盤は取り易かったでしょう(笑)
ところで、胎盤を取って何をするのですか?

2006/08/30 (Wed) 07:49 | 豆作 #- | URL | 編集
>豆作先生

何となく気になって19:30に見に行ってみると既に歩き回っている子牛が!見回りの間隙をついてツルッと分娩をすませた1頭は、奇跡的に胎盤ハンターの魔の手から逃れました。残りの1頭は21:00に分娩、子牛は誤嚥で助かりませんでした。ショックです。

2006/08/30 (Wed) 23:47 | H@家畜繁殖夜話 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/09/26 (Tue) 00:46 | # | | 編集
>A@鳥取

連絡ないから心配してたよー。今度は鍵付きじゃないコメント待ってます。近くに来たら寄ってね。歓迎します。
給餌方法で分娩時間の制御、うーん難しいよね。でもそういう話を聞くと、こういう分娩時間の制御なんかが本当の現場のニーズなんだなと思います。簡単にできて、見やすくて、絶対消えない個体識別方法とかね!

2006/09/26 (Tue) 18:34 | H@家畜繁殖夜話 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する