FC2ブログ

円は閉じていない

いななく駒も野にやりて、のお馬さん。
道産子が3頭いたのですが、色々あって1頭になってしまいました。長老は2年ほど前に29歳の天寿を全うしました。この子(?)は、私が学生の頃からいた馬で、後輩だった奥さんもずいぶん熱心に世話をしていました。私は当時、馬は少し怖いな、と思っていました。
大動物を飼うのは課題も多いのですが、内心では何とか馬を維持していけないか、と思っています。


お盆前から密かに計画を練っており、昨日、札幌にいるY元場長にメールを書いてみました。
お忙しいしでしょうし、普段なんの連絡もしていない引目もあり、簡潔なメールをお送りしたら、すぐに貴重なアドバイス満載の返信をいただき感激です。
で、やり取りの最後、「まずは排卵を確認するスキルを身につけることです」、としっかりと釘を刺すお言葉。


そうです、もう20年も前、AさんやKさんについて厩舎で馬の直検を習いましたが、結局身に付かずに諦めたアレです。Y元場長にはお見通し。


ただ、昔と違うのは、インターネットとYouTubeという闇の力を身につけたこと。職人技だった事も、意外と分かりやすい資料があったりします。
horse, rectal palpation、なんで検索すると色々情報が見つかるので、日本語も結構あるかもとググってみると、何だか見覚えのある写真。
http://biorep.blog62.fc2.com/blog-entry-20.html


って、我がブログ…
そうです、歩んできた道は、新得の厩舎につながっていたようです。
なぁんだ、目の前にあったのに、ちゃんとやっておけば、今につながっていたのに。


で、昨晩はしばらくぶりに古いブログ記事を読み直してしまいました。
いや、全くひどい。そんなこと書いちゃいかんだろ、という記事の多いこと。若いって怖いものです。


今朝、さっそく直検の練習をしてきました。巻き込まれた学生は良い迷惑だったかも。