MoさんのNZ便り その5

時のたつのは早いもので、今回がNZから最後の報告になりそうです。
題して「NZいろいろ」。
NZで面白く感じたことを写真を中心に報告します。

写真1:オークランド-ハミルトン間の1号線はとても広く整備されたExpress Wayです。日本の高速道路が無料になったような感じで、渋滞もなくとても快適。ここに限ったことではないのですが、日本と同じ左側通行なので割と安心して運転できます。
1road.jpg

写真2:スピード違反にあらず。NZの制限速度は、郊外100km、街中50kmなのです。郊外はどんなに細い道やカーブでも制限速度は100kmなので、危険かとおもいきや、これがメリハリがついて意外に運転しやすい。みんな制限速度が100kmでも危険な道は自主的にスピードを落としています。また郊外の太い道では100km以上で飛ばす車も多いけど、街中に入れば比較的速度は守られている印象です。
ところでこちらの道路は舗装の種類が違う(表面がでこぼこしている)ようで、走るとかなりうるさいです。上記のExpress Wayの一部は例外的に静かな場所もありました。
2meter.jpg


写真3:街中は「酒禁止」。公共の場所での飲酒はもちろん、持ち歩きも家に持ち帰るためや、店に配達するため以外は禁止。犯罪の発生を未然に抑制するためだということで、確かに酔っぱらってる人は見かけませんでした。取り締まりもけっこう厳しいらしいですよK野さん。そのかわり(?)、飲酒運転にはなぜか寛大で、ビール1本程度飲んで運転するのはけっこう普通、よっぱらっていなければ捕まらないとか。アルコールに強い人が多いんでしょうか?
3liquor.jpg


写真4:ホームセンターにはバーベキューマシンがいっぱい売られてます。これは安い方で、いったいどんな機能が付いているのか10万円近くするのもありました。当然スーパーマーケットにはBBQ用の味付け肉やソースがいろいろとあります。ちなみにこちらの肉は、日本のほどではないけど、それなりに柔らかくジューシーです。
4BBQ.jpg


写真5:スーパーマーケットといえば、日本ではあまり見ないのにこちらで多いモノが、生ソーセージ。鹿肉のソーセージもあります(味は香辛料が強く、ちょっと微妙でしたが)。それ以外にはパン、シリアル、チョコバー、ハム、バター、ディップ、ジャムなどの種類が日本よりとても多いです。(ほんとは店内は撮影禁止なんですが)
5sausage.jpg


写真6:どの家も庭をとてもきれいにしています。いわゆるイングリッシュガーデンの造りで、時期的にも春の花が満開。どこを歩いていても、どこからともなく花の香りが漂ってきます。写真はハミルトン湖を望む高台にある高級住宅街とおぼしき街の一軒です、特に花がきれいに咲き誇っていました。
6house.jpg


写真7:私が泊まっているモーテルのキッチンです。ヒーター、ホットプレート、電子レンジ、冷蔵庫、流しという設備に加え、鍋や食器が揃っているので、一通りの料理ができます。平日の夜は基本的に自炊です。実はモーテルを利用するのは初めてだったのですが、結構気に入りました。今度家族で泊まることがあったら利用したいと思える施設ですね。
7kichen.jpg


写真8:週末には街の広場でフリーマーケットが開かれています。ダイアナとチャールズの成婚祝い絵皿がいっぱい出ていて、つい話のネタにと購入しそうになりました。
8free.jpg


ニュージーランドは、左側通行、チップの習慣がない、四季がある、移民が多く食生活にバリエーションがある、にもかかわらず極端な貧困がないなど日本人にとって比較的暮らしやすい国だという印象を受けました。毎年、日本が冬の時期に1ヶ月ほど休みを取って、こちらでアクティビティを楽しみながら暮らせれば最高なんですが。まあ、今回のようなチャンスがないとなかなか一ヶ月も滞在するのは難しいですよね(笑)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する